LTE

プロバイダー比較ランキング

LTEとは、従来の3G回線より大幅に通信速度がアップした新しい携帯通信規格のことです。

プロバイダTOP > LTE

LTEとは?

LTEとは、それまで主流だった第三世代携帯(3G)をさらに高速化させた新しい通信規格の一種です。

3GをLong  Term  Evolution=長期的に進化させたもので、近い未来に登場するとされている4G回線にスムーズに移行することを目的に開発されました。

そのため、4G未満の回線として『3.9G』と呼ばれることもありますが、最近はLTE自体を4Gと呼ぶことが正式に認可されたため、一部携帯キャリアでは「4GLTE」と呼称しているところも存在します。

ちなみに、LTEは携帯通信規格という性質上、docomoやau、SoftBankなど大手携帯キャリアがサービスの提供を行っていますが、docomoのLTE『Xi(クロッシィ)』やY!モバイルについては、自社サービスのほかに各プロバイダー業者に回線インフラのレンタルを行っており、プロバイダーはそれぞれの料金やサービスを付加してユーザーにサービスを提供しています。

LTEのメリット、デメリット

LTEは3Gから進化した通信規格として突出したメリットを持っていますが、その反面、いくつかのデメリットも見受けられます。

メリット

LTEのメリットは、なんと言っても高速通信が可能なポテンシャルの高さです。

従来の3Gの場合、通信速度は数Mbpsから14Mbps程度とかなり遅く、動画の視聴はもちろん、通常のネットサーフィンも決してスムーズに利用できるとは言えませんでした。

一方、LTEは通信速度が大幅に向上し、下りなら75Mbpsから100Mbps程度の高速通信が可能。

上りでも50Mbps以上の速度を出すことができるため、家庭向けブロードバンド回線とほぼ変わらない快適な通信環境を確保することができます。

また、インターネットへの接続や、データの伝送も高速化されているところが大きな特徴。データ遅延が大幅に軽減されているため、よりスムーズなネットライフを体感できます。

デメリット

一方、LTEのデメリットは、通信量に制限があることと、対象エリアが限定されているところです。

後者の問題については、今後LTEが主流になるにつれて解消されることが期待されますが、通信量の制限については、約7GBの転送量を超えると通信速度が落ちてしまい、快適な動作が難しくなります。

別途追加料金を支払えば制限は解除されますが、そのぶんコストがかさんでしまうため、ユーザーの負担が大きくなってしまうところが難点です。

LTEを利用するには?

LTE通信を利用するためには、LTEに対応しているモバイルルータかモバイル端末を用意する必要があります。

モバイルルータとは持ち歩き可能なコンパクトサイズのルータのことで、まずLTEのネットワークにつなげてから、Wi-FiでスマートフォンやPCなどの機器と接続することになります。

一方のLTE対応モバイル端末とは、スマートフォンやタブレットPCなどのことで、ルータを通さずに直接LTEに接続することができます

機種によってはテザリング機能が搭載されており、モバイル端末そのものをルータとして使用することが可能となっており、用途に応じて使い分けることができます。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) プロバイダー比較ランキング All Rights Reserved.