解約時の違約金について

プロバイダー比較ランキング

入会キャンペーンなどを利用してプロバイダーと契約した場合、一定期間内に解約すると違約金が発生する可能性があります。

プロバイダTOP > 解約時の違約金

解約した場合の違約金は?

プロバイダーと契約する際、忘れずにチェックしておきたいのが解約時の違約金です。

現在、どこのプロバイダーも新規入会キャンペーンや乗り換えキャンペーンなどを行っていますが、これらの特典は『継続利用2年以上』などの条件を満たすことが前提となっています。

たとえば継続利用1年以上という条件をもうけたキャンペーンを利用してプロバイダと契約した場合、1年未満で解約するとルール違反となり、違約金を請求されることになります。

違約金の額は業者によって異なりますが、おおむね5000円~10000円前後に設定されています。

中には利用期間に応じて違約金が変化するプロバイダーもあるので、いつ解約したらどのくらいの違約金が発生するのか、事前によく調べておくことが大切です。

もちろん、長く利用することを前提に契約する場合は問題ありませんが、どんなサービスなのか知りたい、と言ったお試し気分で利用するのであれば、条件のあるキャンペーンなどは利用せず、通常プランで契約することをおすすめします。

ちなみに、継続利用期間中に解約した場合でも、違約金が発生しないケースがあります。

たとえばフレッツ光の場合、引越などでやむを得ず解約したとしても、移転先で同じサービスを継続利用するのであれば、違約金を請求されることはありません。

同様に、移転先がフレッツ光サービスのエリア対象外だった場合についても、不可抗力として違約金が免除されるしくみになっています。

違約金の発生基準はプロバイダーごとに異なるので、やむを得ない理由などがある場合は、あきらめたりせず、まずは窓口に問い合わせて事情を説明してみましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) プロバイダー比較ランキング All Rights Reserved.