プロバイダーの再契約

プロバイダー比較ランキング

プロバイダーを一度解約し、再度契約し直した場合、新規契約者と認められるのでしょうか?

プロバイダTOP > 再契約

プロバイダーを再契約したらどうなる?

現在、各プロバイダーでは顧客獲得のためにさまざまなキャンペーンを実施していますが、その利用対象者は『新規契約者』に限定されています。

そのため、一度キャンペーンが適用されてしまったユーザーは、基本的に同じキャンペーンを利用することはできないしくみになっています。

では、現在利用しているプロバイダーを一度解約し、再び契約し直した場合は『新規契約者』に該当するのでしょうか?

条件を満たせば新規契約扱いになる

同じ名義人が解約したプロバイダーと再契約する場合、純粋な新規ユーザーとは言えませんが、一定の条件を満たしていれば、たとえ再契約でも新規契約者として扱われることがあります。

その代表的なケースが引越しにともなうプロバイダーの再契約です。

光回線の場合、フレッツ光などの回線サービスはそのままに、プロバイダーの窓口で住所変更手続きをすれば引っ越し先でも同じサービスを利用し続けることができます。

しかし、あえて変更届を出さず、プロバイダーのみを解約→再契約することで、たとえ再契約でも新規契約者として各種キャンペーンや特典を利用することができるのです。

ただし、同じ住所で同じ名義人が解約→再契約した場合については、基本的に新規契約とは認められず、特典も受けることができないので注意が必要です。

強制解約された場合

プロバイダーの料金を滞納したり、規約に触れる行為などが認められた場合、プロバイダー側から強制解約させられることがあります。

その場合、同じプロバイダーに申込みすれば再契約することは可能ですが、新規契約者扱いとはならないので、キャンペーンなどの恩恵を受けることはできません。

また、強制解約者はプロバイダー業者のブラックリストに掲載されてしまうので、たとえ未納分を完済しても、解約後すぐには再契約できない可能性があります。

そのため、強制解約されてしまった場合は、時間を置いて再契約するよりも、潔く他社プロバイダーに乗り換えた方が手っ取り早いと言えるでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) プロバイダー比較ランキング All Rights Reserved.