光ファイバーのメリットとデメリット

プロバイダー比較ランキング

光ファイバー導入には、メリットとデメリットの両方が備わっています。

プロバイダTOP > メリットとデメリット

光ファイバー導入のメリットとデメリット

光ファイバー回線では、超高速インターネット接続だけでなく、ひかり電話や、ビデオ・テレビなどの映像配信を楽しむことができます。

ADSL回線とは異なり、高速かつ高品質のインターネット接続が可能ですが、その分料金が高くなるなどのデメリットも存在します。

ここでは、光ファイバーのメリットとデメリットについて説明します。

光ファイバーのメリット

光ファイバーのメリットは、何といってもNTT収容局から離れた位置でも最大100Mbps~1Gbpsの通信速度を維持できることです。

光ファイバーなら、超高速通信により、映画やドラマなどの動画視聴や音楽のダウンロードなどを快適に楽しむことが可能。

上り(アップデート)も下り(ダウンロード)も高い伝送速度を保てるので、高画質の映像・画像や大容量データの送受信もストレスなく行えます。

また、電話回線を使わず、光ファイバー回線を使うので、光IP電話『ひかり電話』も利用することができます。

NTTとの電話契約を解約してもそのまま電話機を使える上、基本使用料を月々1500~1750円ほど節約することが可能となっています。

光ファイバーのデメリット

光ファイバーは、アパートなどの集合住宅で利用する場合、1本の光ファイバーケーブルを複数で共有して使用します。

そのため、通信速度が100Mbpsでも、共有する人数が多ければ、ADSLの速度よりも劣ってしまう場合があります。

また、光ファイバーはモデムを取り付けて利用するADSLとは違い、電柱や道路から光ファイバーケーブルを引き込む工事が必要になります。

申し込みから開通までに1~2週間かかる上に、工事費を負担することになります。

さらに、マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、建物自体に光ファイバー設備が整っていないと利用できません。利用したい場合は、大家さんや管理組合などの許可が必要です。

NTT東日本フレッツ光NTT東日本フレッツ光

最大4ヶ月のお得なキャンペーン実施中!
www.ntt-east.co.jp

NTT西日本フレッツ光NTT西日本フレッツ光

西日本契約者数No.1!信頼の実績!
www.ntt-west.co.jp

auひかりauひかり

話題の家電製品やリサイクルパソコンをプレゼント!
www.kddi.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) プロバイダー比較ランキング All Rights Reserved.